●台湾オタク事情 part2 2003/11/25
浦木裕さんよりの情報で、あんとにーさんの「台湾在住日誌」というサイトを教えてもらいました。
いや〜すごいですね。「台湾在住」ってタイトルでなければ普通に日本人の日記サイトと思ってしまいます。
文体も学校などで教わる日本語ではなく、日常使っている文体です。
浦木裕さんもゲームやアニメ用語を理解するため自力で情報を集めてオタク語を独習したそうで、あんとにーさんもネットの日本語サイトなどを見て覚えたんでしょうね。
下記の欧米のマニアも独学で日本語を勉強して漫画やアニメを見てるわけで、いや、ホントおたくパワー恐るべし出すね。
●台湾オタク事情 2003/11/23
「こんにちは、浦木裕(うらきゆたか)と申します。始めまして、宜しくお願いします。」との書き出しののメールがきました。
てっきり日本人と思ったらどうも妙な文章で内容がつかみにくい。
途中まで読んでこの人が台湾の人というのがわかりました。

「浦木裕」というのはハンドルネームでネットやゲームのために使ってるそうです。
この人なんでも小学校の時にガンプラの日本語説明書なんかで日本語を勉強し始めたそうで、大学のクラブでは日本のオタク文化について研究してるようです。
本人の了解をもらったのでその一部を掲載すると、
海外オタクについての事、自分も昔から興味深いです。
が、そちらのサイトを、海外おたくの「あるか」「いないか」だけではなく、
私は「その生態」なども是非知りたいです。

実は「オタク」と言う単語も、界定が難しいでしょ。
周知通りの岡田斗司夫の説法もあるけど、それはオタクを過分な美化かもしれない。
良い事ばかりで、人に迷惑の事にあまり関心しませんようです。

喩え、80年代のオタクはその岡田オタの特質が有ったでも、
90年代からのオタク、いええ、アニメ、ゲームには、
全てのオタク関係生態には大きいな変化が有ったと思います。

80年代と言えば、リアルSFアニメの精華時代とも言えます。
ステッフは安保、また学運からの「憂国意識」持ち、色々のアニメに、自分の心、自分の意識を込めて、
政治、社会、歴史、真実、経済など、精一杯で検討を入れます。
オタクらも其れを映じ、普通な人より濃いの興味が溢れた。
SFの考據や、その深層意識の探討や、多彩の知識を吸收した。
(確かその知識には無駄知識いっぱいかもしれないけど..)
でも、その故、高姿態でそんなに用心しない人に嫌い、苛め、
新米に全然不親切な態度で、外の人には誤解が生まれます。
宮崎事件がオタクを世界に嫌いの張本人と言えでも、自分はそれがただの爆発点と思います。

あくまでも、(無駄?)知識の求取、そして情報元の擴展など、
80年代のオタクはその良いこともばかりあると思います。
しかし、90年から、「萌え」タイプ作品の揄チ、オタクの生態も変えようです、
その興味は、「作品設定」「意識」「憂国」などから、「キャラクターデザイン」「萌え」などへ変更そうです。
ただ、人に迷惑掛けるということは変わらないみたいです..

今の台湾には、「オタクに憧れな若人」が一杯有ります。
でも、新生代は80年代のオタクより90年代のオタクに近い、
さらに90代の「情報元を持ち」ような能力があまりない。
自分が見たのは、普通のファン以上レベルなら「オタク」に呼ばれますの事は良くあるです。
オタクを、そのオタクという者の相映の能力を問わず、
ただその憧れますで、自分自身の事を「オタク」と呼ぶ、
ほかのアニメ、ゲームに詳した人に「オタク」を呼んでいます。
なお、「爽やかなくない」「人に迷惑」などは不変そうですな。
という感じで、オタクに関する知識に圧倒されました。
浦木裕さんは、久遠の絆ファンサイトも運営してるので興味がある人はぜひのぞいて見て下さい。
http://kuonkizuna.kyoto.idv.tw/
●さっぱりわからんスペイン語 2003/07/20
1年ぶりの海外メールです。が、さっぱり意味がわかりません。(^^;

Deseo saber como conseguir comics y CD de WATARU WATANABE

とあるんですが、スペイン語の電脳辞書を調べても単語の意味がつながらない。(^^;
〜を望む、〜を知っている、〜なので、〜を獲得する、わたなべわたるのCD付きコミックス・・・
「わたなべわたるのCD付きムックを手に入れる方法が知りたい」ってことなんでしょうか?(^^;・・・
ともかく、わたなべわたるに関心があるのは間違いなさそうです。
●遂に南米も制覇 2002/07/25
ひさしぶりに海外からメールが来ました。(ダイレクトメールを除く)
送信アドレスを見るとcom.ar。
おおアルゼンチンからではないですか。
名前はサルバドーレとなってます。(ちなみにこの人はBlue Eyesにハマってるようです。)

おたくワールドも南米まで浸透してきてるんですねぇ。
これでアメリカ大陸は完全制覇。
残るはアフリカ大陸とオーストラリア大陸、南極大陸ですね。
(南極の観測所の方。国は問いませんのでメール下さい)
●NOちゃちゃ丸もワールドワイド 2001/04/21
たぶんアメリカからでしょうが、NOちゃちゃ丸ファンからメールがきました。
この人日本のヤングキッスという雑誌を持っているそうで、その表紙を担当していたNOちゃちゃ丸のファンになったそうです。
しかし、結構海外で日本の雑誌や単行本を入手してる人が多いのには驚きです。
(スウェーデン直輸入の逆パターンな感じでしょうか。(^^;)
●謎の国からきたメール? 2000/07/24
久しぶりに海外からメールがきました。
メールを見るとi'm from Sinaporeとあります。
Sinapore?はてどこの国でしょう?

辞書で調べてみましたが載ってません。
ひょっとしてSingapore(シンガポール)のタイプミスなんですかね?
もしシンガポールならアジアからの初メールです。
全大陸制覇まであと少し。
おたくオリンピック開催に向けてGO!!
ちなみにこの人はにしまきとおるさんが一番お気に入りだそうです。
●オランダのイラストレーター 1999/12/24
オランダの巨乳イラストレーターの人からメールがきました。
どうもわたしを漫画家と思っているようで(^^;、

I am a big boob h artist from Holland ...
Is there a way to do a little bit of guest illustration for 1 or 2 pages of one of your manga books ?(only drawing..as my japanese is very little ^^;)

というような(「ゲストで1、2ページあんたの本にイラストのっけてよ」てな意味?)内容でした。
わたしは単なるファンなので当然本などだしてません。
で、「単なるファン」と返事を書きました。

でも、せっかくなのでこの人のページにリンクを張ることにしたんですが、もしこの人のイラストを「のっけてやろう!」という人(プロ・アマ問わず)がいればメールを送ってあげて下さい。
HentaiBee's NAMI HENTAI とても大きい乳
●おフランスではわたなべわたる 1999/11/03
フランスのわたなべわたるファンからメールがきました。

「Sorry for writing this e-mail in English.
I'm living in France and I don't speak Japanese yet (I will start to learn Japanese next month!!).」

この人は「大好き美奈子先生」と「Watanabe Wataru World」を持ってるなかなかつわものの人で(友人に日本人がいるみたい)

「I have two mangas by him ("Daisuki Minako-sensei!" and "Ganbare Minako-sensei!") and a CD-ROM + book ("Watanabe Wataru World"). 」

と書いていました。

「Watanabe Wataru World」にフランスで「バナナの季節」を出すと書いてあったのでおフランス(のおたく)ではわたなべわたる人気が高いんでしょうね。
●あずき紅ファンに言葉はいらない? 11/03/99
レッツ巨乳のあずき紅の紹介を見てあずき紅ファンになった人から「あずき紅の画像がたくさん見れるところを教えてくれ」とメールがきました。
あずき紅さんは山咲千里という人のページでオフィシャルなページを持っててそのURLをメールで送ったんですが、当時(1999/7)は間の悪いことにページの改装中であずきさんのページが見れませんでした。
で、「I went to that web page you told me, but I didn't see many pictures. I can't read Japanese」とメールが返ってきたので、改装中ということを改めてメールしました。

日本語がわからなくてもファンにできる巨乳マンガは偉大です。
●アメリカでおたく本 1999/11/03
以前アメリカの出版社の日本エージェントの人(この人は日本人)からくぃりむレモンの創映新社の連絡先の情報知らないか?とメールがきました。
なんでも日本のサブカルチャー(おたく系?)を扱った本が刊行されるそうで(1999/4の時点)、それ本にくりぃむレモンもとりあげられるそうです。
あとサンディエゴではコミケ的なイベントもあったそうでコスプレなんかも出たそうです。

雑誌でも時々海外のイベントやコスプレイヤーの記事が載ってたりしてますが、近い将来?コスプレ・ワールドカップなんかが開催されるかもしれませんね。
●カナダからの手紙 1999/11/03
レッツ巨乳に時々海外からメールがきます。
一番最初に来たのは98年の7月でカナダに住んでるJoeという人でした。

「I love the D-Cup comics very much! 」と始まって自分はカナダに住んでるとか書いてありました。
こちらの英語力がないというのがページ見てわかってるみたいで簡単な文章でしたが、それでも辞書を引き引きメールを解読しました。
こちらから簡単な文で返事を送ったんですが、幸い通じた(^^;ようで2通目のメールに「Take care and thanks a million, Joe」と感謝の意を送ってくれました。

おたくパワーに国境なしです。
●海外のおたく 1997/10/09
いわゆる、ジャパニメーションはいまや世界の共通語です。
「ANIME」,「MANGA」,「DOJIN」,「HENTAI」のキワードでサーチエンジンを検索すれば海外のサイトで山のようにページが見つかります。
(HENTAIとは成年コミックや18禁美少女ゲーム、アダルトアニメをさす)

大阪日本橋などでもアニメショップや同人ショップでときおり海外のおたく青年(全然おたくに見えない)を見かけます。海外のおたくのパワーもすごいです。
(まぁアニメ、マンガは視覚から入れるしなおかつ登場人物の人種が不定でわかりやすいということなんでしょうけど。)
手書きの「まんが」に対する人気はとどまるところがないようです。